d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_l日本ではセックスレス夫婦が多いとの報告がなされています。
子育て中のセックスレスがきっかけという方が、意外に多いようです。
セックスは夫婦関係には大事な役割を果たしています。
セックスが少なくなると相手を思いやること、相手のことを想像する機会がおのずと減ってくるものです。
相手のことが理解できないことが、日々のストレスへとつながります。
そして、ストレスがたまりにたまると夫婦間の亀裂に発展してしまうのです。
胃潰瘍の方がカウンセリングで、セックスレスを語ることもあるそうです。
一方で、肌のふれあいがストレス軽減に効果があるという報告がなされています。
手を握るだけでその効果が認められることがあるようです。
夫婦間に非常に大事なセックスですが、不妊治療されている方の中には、かえってセックスがストレスに感じてしまう方もいらっしゃるそうで、セックスとは繊細でに難しいものなのです。
夫婦間のセックスを円滑に進めるために、基本的な性教育は有効であるとされています。
たとえば、間違った知識や、思い込みの強い行動は相手に不快な思いをさせることになります。
正しい性の知識や判断力を身につけることは、非常に必要なことであると世間に訴えていく必要があると思われます。